遅延は何分から?鉄道各社がお知らせする運行情報の基準を調査<関東私鉄編>

      2017/11/19

ホーム電光掲示板

(前回の投稿より)

遅延は何分から?鉄道各社がお知らせする運行情報の基準を調査<首都圏編>

 

じゃあ、関東圏の私鉄がお知らせする運行情報の基準は首都圏の基準とは違う?

前回の投稿から出てきた疑問を突っ込んで調べていきます。深くではなく、範囲を広げて調査します。

 

調べ方は前回と同じ、運行情報のお知らせと、大幅に遅れた場合の遅延証明書を発行する基準・条件を時間に焦点を当てて調べてみました。

「鉄道各社がお知らせする運行情報の基準を調査」【関東私鉄編】です。

 

<スポンサードリンク>

 

■鉄道会社

①運行情報・運行状況をお知らせする基準

②遅延証明書を発行(掲載)する基準・条件 【証明書掲出期間】

 

■多摩都市モノレール

①多摩モノレールでは、全線にわたり10分以上の遅れ・運転見合わせが発生または見込まれる場合に運行情報をお知らせしております。

②当証明書の発行対象時間は、初電から終電までの運行時間といたします。当証明書は、多摩モノレールの運行が概ね10分以上遅れた場合に発行いたします。【遅延発生日から7日間

 

■横浜市営地下鉄

明記なし

②この証明書の発行対象時間は、始発電車から24時頃までの運行時間といたします。この証明書は、ブルーライン(横浜市営地下鉄1・3号線)・グリーンライン(横浜市営地下鉄4号線)の運行が10分以上遅れた場合に発行いたします。【7日間

 

■相模鉄道

①相模鉄道(株)では、列車の運行に10分以上の遅れ・運転見合わせが発生または見込まれる場合に運行情報をお知らせしております。

②当証明書は相鉄線の運行に10分程度以上の遅延が発生したときに発行いたします。【遅延当日から7日間

 

■みなとみらい線

①列車の運行に10分以上の遅れ・運転見合わせが発生または見込まれる場合に運行情報をお知らせしております。

②この証明書の発行時間帯は始発電車から24時頃までの運行時間といたします。列車の運行が概ね10分以上遅れたものについて掲載いたします。【発生日を含めて7日間

 

■江ノ島電鉄

明記なし

不明

 

■箱根登山鉄道

明記なし

不明

 

■伊豆箱根鉄道

明記なし

不明

 

■湘南モノレール

明記なし

不明

 

■横浜シーサイドライン

①シーサイドラインでは、列車の運行に10分以上の遅れ・運転見合わせが発生または見込まれる場合には、運行情報をお知らせしております。

②この証明書の発行対象時間は、始発列車から24時頃までの運行時間とします。当証明書は、シーサイドラインの運行が10分以上遅れた場合に発行いたします。【当日を含む7日間分

 

■埼玉高速鉄道

①埼玉スタジアム線では、列車の運行において、30分以上の遅れが発生した場合、又は見込まれる場合につきまして、その情報をお知らせしています。

②当証明書の発行対象時間は、始発から終電までの運行時間とします。当証明書は、埼玉スタジアム線の運行が概ね5分以上遅れた場合に、5分単位に切り上げて発行します。【最新の7日間

 

■秩父鉄道

①列車の運転見合わせや概ね30分を超える遅延情報等についてご案内しています。

不明

 

■埼玉新都市交通

明記なし

時間に対する明記なし【過去7日間

 

■新京成電鉄

①運行情報は、30分以上の遅れが発生した場合もしくは予想される場合にお知らせしております。

②当証明書の発行対象時間は、始発電車から24時頃までといたします。当証明書は、5分以上の遅れが発生した場合に発行し、5分単位に切り上げて発行いたします。【最新の7日間分

新京成電鉄

 

■北総鉄道

①北総線で列車の運行に30分以上の遅れが発生または見込まれる場合の情報をお知らせしています。

②当証明書は始発列車から24時頃までに運行している列車の遅延時間を証明するものです。当証明書は当社線に5分以上の遅延時間が発生した場合に発行し、5分単位に切り上げて掲出します。【当日を含む7日間分】

 

■東葉高速鉄道

①列車運行に15分以上の遅れが発生、または見込まれる際に情報をお知らせしています。

②「始発~7時」「7時~10時」「10時~17時」「17時~終電」の時間帯別に5分以上の遅延に対し、掲載いたします。【過去35日分

 

■流鉄

不明

不明

 

■小湊鉄道

明記なし

不明

 

■いすみ鉄道

明記なし

不明

 

<スポンサードリンク>

 

■千葉都市モノレール

①列車の運行に10分以上の遅れが発生または、見込まれる場合に運行情報をお知らせしております。

②当証明書の発行対象時間は、始発電車から24時頃とします。当証明書は当社線に10分以上の遅延時間が発生した場合に発行し、5分単位に切り上げて掲出します。【当日から7日間

 

■ユーカリが丘線

明記なし

不明

 

■伊豆急行

①伊豆急行では列車の運行におおむね15分以上の遅延が発生した場合に運行情報をお知らせしております。

不明

 

■関東鉄道

①列車の運行に、30分以上の遅れが発生または、見込まれる場合に運行情報をお知らせしております。

②当証明書は始発列車から最終列車までに運行している列車の遅延時間を証明するものです。 当証明書は当社線に5分以上の遅延時間が発生した場合に発行し、5分単位に切り上げて掲出します。【7日間分

 

■鹿島臨海鉄道

明記なし

不明

 

■ひたちなか海浜鉄道

明記なし

不明

 

■上毛電気鉄道

明記なし

不明

 

 

調査してみてまたまたビックリです。前回投稿の首都圏編では、運行情報のお知らせする基準は、10分、15分、30分以上、遅延証明書の発行・掲載基準は5分以上が多いと、「基準となる【時間】が各社さまざま」でしたが、関東私鉄会社では、

運行情報をお知らせする遅延の基準を明記していない!

このような会社が目立ちました。さらに流鉄にいたっては運行情報のお知らせすらホームページ上に掲載されていませんでした。

 

<スポンサードリンク>

 

気付きもありました。

◆乗客数が少ない鉄道会社では遅延証明書の発行について、ホームページ上では「明記していない」会社が多い。(発行できる/できない、については不明)

◆遅延証明書の発行期間は「7日間が多い」

 

首都圏と関東私鉄でもこれだけ違いがあることが分かりました。次回以降は、「地域性で違いはあるのか?」東海地方、関西地方なども調査いたします。

 

(前回の投稿より)

遅延は何分から?鉄道各社がお知らせする運行情報の基準を調査<首都圏編>

 

 - 路線, 鉄道会社 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,