【娘と学ぶ鉄道】新橋駅のSL。汽笛の時間は1日3回。12時、15時、18時

      2017/07/03

新橋駅SL昼間

ポーーーーーーーーーーーーーーー!

テレビの街頭インタビューでおなじみの新橋駅のSL広場。正しくは、JR新橋駅日比谷口SL広場。広場の名のとおり、SLが展示されています。

展示車両なのでもちろん引退していますが、毎日決まった時間に汽笛が鳴ります。

新橋SL広場のSLの汽笛が鳴る時間は1日に3回。12時、15時、18時。

しかも、みなさんが思ってる以上に長く、そして聞こえる範囲もかなり広い。

私が初めてこのSLを目にした時の感想は「テレビで観たことがある」。このSL広場は「サラリーマンの聖地」と表現されるほどサラリーマンが多い新橋で待ち合わせにとっておきのポイントです。月曜日の昼間からホルモンを食べるスーツ姿のサラリーマンもいるほど多い。

 

近くに日本テレビもあり「確実に」サラリーマンへのインタビューができる場所となっています。私も何度か声をかけられたことがあります。

そのほか、年齢層をねらって「確実に」インタビューできる場所といえば、年寄りは巣鴨駅の地蔵通り商店街、若者は渋谷駅のハチ公像前があります。どこも「なんでこんなに人が多いんだ?」と感じる場所で、いまだにげんなりします。

 

では、この場所で待ち合わせをする人、インタビューされるサラリーマンを長年見続けているSLは?

<スポンサードリンク>

 

<国鉄C11形蒸気機関車 を簡潔に説明>

◇C11形蒸気機関車は日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が製造。
◇動輪3軸に先輪1軸・従輪2軸(1C2)の軸配置で、過熱式のタンク式蒸気機関車
◇1932(昭和7)年から1947(昭和22)年までの16年間に381両が汽車製造会社、川崎車輛、日立製作所、日本車輌製造の各社で生産
◇溶接による製造が可能になり、重量も軽く小型となりC10形よりすっきりした車体で使用できる線区が広がり重宝された。
◇国鉄時代は客貨両用に使用され、日本全国で昭和50(1975)年まで活躍。現在でもJR北海道、JR東日本、真岡鉄道、大井川鉄道などで活躍中。

◇大井川鉄道のきかんしゃトーマス号もC11(227号)

 

<国鉄C11形蒸気機関車(292号) もうちょっと詳しく>
このC11 292号は昭和20年2月11日、日本車輛株式会社で誕生しました。3年間余りの戦争で物資もなくなりつつあった時の誕生で、蒸気溜、砂溜が角張っている。いわゆる戦時型ですが、誕生後すぐ山陽本線の姫路機関区に配属となり、中国地方のローカル線、播担線や姫新線など走りまわっていました。走行距離は108万3975kmで、最初から最後まで一つの機関区にいたのは珍しいことです。今回鉄道100年を記念して、国鉄の協力を頂き、ここに設置しました。(鉄道100年記念 港区 案内板より)

 

<国鉄C11形蒸気機関車(292号) をもっと詳しく>

◇全長 : 12.65m
◇動輪直径 : 1.52m
◇巾 : 2.936m
◇最高速度 : 時速85km
◇高さ : 3.940m
◇石炭積載量 : 3.0t
◇重さ : 66.05t
◇水積載量 : 8.0t

国鉄C11形蒸気機関車  引用 : wikipedia

 

改めて

ポーーーーーーーーーーーーーーー!

この日はすでに鳴り終わった19時のSL前での待ち合わせ中の出来事。金曜日の夜ともあって、サラリーマン意外の待ち合わせしてる人もチラホラ。

きれいな女性が若い男性に声をかける。てっきりデートの待ち合わせかと思っていたら、男性が首を横に振る。女性が失礼しましたと言い、スマホを見返して男性を後にする。

もうひとつ。明らかに普通の仕事をしていなさそうな短パンとTシャツのいかついお兄さん。チョビヒゲありのメガネあり。そこにもう一人の、明らかに普通の仕事をしていなさそうな短パンとTシャツのいかついお兄さん。チョビヒゲありのメガネなし。私の目の前でメガネなしがメガネありにあいさつし、そして封筒を渡す。メガネなしは受け取り封筒の中身を拝見する。8万円を確認し「確かに」とひと言言い、お辞儀をする。メガネありは「またよろしくお願いします」と頭を下げてその場を立ち去る。この間たった30秒の出来事。

世の中はいろんな仕事で成り立っていることを実感。

 

ふと新橋駅を眺めると、京浜東北線がホームにやってきました。現役でがんばる車両を眺めながら、背中に引退してもどっしりとかまえる車両、これはなかなかの感覚。

新橋駅京浜東北線

 

新橋駅は鉄道発祥の地でもあり、SL広場の反対出口の汐留改札口にも歴史があります。これは国鉄D51形蒸気機関車の動輪です。ゆりかもめに乗り換えるときに見られます。

新橋駅汐留改札

それにしても、どっちの出口にも井川遥が微笑んでいる。新橋のサラリーマンには効果バツグンのCMなんだろうか?

 

 - 娘と学ぶ鉄道, , , , , , , , , ,