【お得なきっぷ】新宿駅では箱根フリーパスはロマンスカー特急券と一緒に窓口で買いましょう!

      2018/03/17

ロマンスカー

関東地方の温泉と言えば箱根温泉が有名です。秋から冬にかけて、紅葉の時期は絶景が見られてさらにおすすめの観光スポットになります。

箱根旅行の良いところは、温泉に浸かってゆっくり2日間かけて観光スポットを巡るのもよし、新宿を朝イチで出発すれば1日でほとんどの要所をすべて巡って帰って来られる遠くて近い観光スポットです。

そんな箱根へ、電車で旅行に行くなら箱根フリーパスの利用がだんぜんお得です。

箱根フリーパスって何?から、新宿駅で箱根フリーパスはどこで買えるのか?”カンタンに”紹介します。

 

<スポンサードリンク>

 

■箱根フリーパスって何?

新宿駅から箱根湯本駅までの小田急線の往復乗車券と、箱根をぐるっとケーブルカー、ロープウェイ、バス、海賊船など、いろんな交通手段で巡ることができるお得なフリーパスです。フリーパスを見せるだけでお土産も割引価格でお得に買えます。

◇箱根フリーパスで行ける場所・乗り物

箱根フリーパス略図

<参考:箱根ナビ

◇詳しくはこちら

小田急線の往復

+

(現地の乗り物 ※何回でも乗り降り自由)
①箱根登山電車
②箱根登山バス
③観光施設めぐりバス(箱根登山バス)
④箱根登山ケーブルカー
⑤箱根ロープウェイ
⑥箱根海賊船
⑦小田急箱根高速バス
⑧東海バスオレンジシャトル

+

(ほかにもお得な使い方)
施設優待・料金割引・運賃割引

 

■新宿駅で買う箱根フリーパスの料金は?

箱根フリーパスには2日間有効と3日間有効のパスがあり、どちらでも買うことができます。箱根を日帰りで満喫したい場合も、2日間有効のパスでお得になります。

◇新宿駅で買う箱根フリーパスの料金

(2日間有効)
おとな5,140円
こども1,500円
(3日間有効)
おとな5,640円
こども1,750円

 

<スポンサードリンク>

 

■どこで買えるの?

新宿駅では、箱根フリーパスは次の3つ方法で買うことができます。

①小田急線の自動券売機・窓口
②小田急トラベルの営業所
③旅行代理店(JTB、KNT、日本旅行など)

 

箱根フリーパスは迷わず小田急線の窓口で「ロマンスカー特急券」と一緒に買いましょう!

箱根フリーパスは自動券売機でも買えますが色々迷いながら購入するより、新宿駅に着いたら迷わず、小田急線の窓口で箱根フリーパスとロマンスカー特急券と一緒に買いましょう!ロマンスカーに乗れば箱根湯本まで85分の快適な旅が待っています!”一緒に”というのも、箱根フリーパスだけではロマンスカーに乗れません!別途ロマンスカー特急券の購入が必要です。小田急線の窓口では箱根フリーパスとロマンスカー特急券をまとめて買うことができます。

さらに窓口では、箱根旅行を楽しむために必要な箱根フリーパスの便利な使い方が載ったエリアマップや、現地のおいしいお店が載っているリーフレットも窓口カウンターに置いています。

 

◇箱根フリーパスが買える小田急線の窓口はこちら

小田急線の西口地上改札(1F)に窓口「ロマンスカー営業センター(小田急ロマンスカー特急券うりば)」があります。こちらで箱根フリーパスとロマンスカー特急券を一緒に買いましょう。

<小田急線新宿駅構内図 ※緑の場所>

新宿駅小田急線構内図

<マップ>

 

現地で一番重宝するパンフレットはこのパンフレットです。窓口でいただきましょう。

◇箱根エリアマップ

箱根エリアマップのサムネイル

<参考:箱根ナビ

 

それでは、快適な箱根旅を。

 

<スポンサードリンク>

 

(こちらもきっぷの投稿)

きっぷと切符の違いは?カタカナのキップもある!

【お得なきっぷ】丹沢・大山フリーパスは新宿駅の券売機で簡単に買える!

【お得なきっぷ】筑波山きっぷ、あるキップ。どっちを買うかは朝の秋葉原駅での体調で決めよう!

【お得なきっぷ】新宿駅から高尾山へはJR中央線よりも京王線。紅葉時期の快適な登山コース教えます!

 - きっぷ, 小田急電鉄, 路線, 鉄道会社 , , , , , ,