【お得なきっぷ】丹沢・大山フリーパスは新宿駅の券売機で簡単に買える!

      2017/11/19

小田急線

関東地方で本格的な登山は丹沢方面がおすすめです。塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳と山塊の深みに入って行くことができます。

電車で丹沢方面へ登山に行くなら丹沢・大山フリーパスの利用がだんぜんお得です。そしてこのフリーパスでは大山参りにも最適なきっぷです。

丹沢・大山フリーパスって何?から、新宿駅で丹沢・大山フリーパスはどこで買えるのか?”カンタンに”紹介します。

 

<スポンサードリンク>

 

■丹沢・大山フリーパスって何?

新宿駅から丹沢方面までの小田急線の往復乗車券と、登山口までのバス乗車券、大山参りには大山阿夫利神社までケーブルカーにも乗ることができるお得なフリーパスです。

◇丹沢・大山フリーパスで行ける場所・乗り物

丹沢大山フリーパス略図

<参考:小田急電鉄

◇詳しくはこちら

小田急線の往復

+

(現地の乗り物 ※何回でも乗り降り自由)
①小田急線(本厚木駅~渋沢駅)
②神奈川中央交通バス(指定区間)
③大山ケーブル

+

(ほかにもお得な使い方)
施設優待・料金割引

 

■新宿駅で買う丹沢・大山フリーパスの料金は?

丹沢・大山フリーパスには2日間有効のパスです。1日有効のパスはありません。というのもこのパスで百名山の丹沢に登れます。丹沢山塊の登りごたえは十分。2日かければ山小屋泊と合わせて、塔ノ岳ー丹沢山ー蛭ヶ岳が堪能できます。

AキップかBキップかどっちのきっぷを買うかは、大山でケーブルカーに往復で乗るか乗らないかに応じて選びましょう

◇新宿駅で買う丹沢・大山フリーパスの料金

(Aキップ)<大山でケーブルカーに往復で乗る場合はこっちを買いましょう)
おとな2,470円
こども1,230円
(Bキップ)<塔ノ岳、丹沢登山はこっち。大山もケーブルカーに往復で乗らなければこっちを買いましょう>
おとな1,530円
こども  760円

 

ちなみに海老名駅からだと料金がぐっと安くなります。

(Aキップ)<大山でケーブルカーに往復で乗る場合はこっちを買いましょう)
おとな1,860円
こども  920円
(Bキップ)<塔ノ岳、丹沢登山はこっち。大山もケーブルカーに往復で乗らなければこっちを買いましょう>
おとな  920円
こども  450円

 

■どこで買えるの?

新宿駅では、丹沢・大山フリーパスは次の方法で買うことができます。

①小田急線の自動券売機
②小田急トラベルの営業所

 

<スポンサードリンク>

 

丹沢・大山フリーパスは改札前の自動券売機でカンタンに買えます!

自動券売機では当日分有効分からの丹沢・大山フリーパスが買えます。とくに丹沢山、塔ノ岳に登るには降車駅のバスは混みますので、早めに到着して並ぶ方がストレスがなく登山に挑めます。それには、新宿駅を始発に近い時間帯で乗る必要があります。そうなると、自動機券売機で迷わずに”さくっと”フリーパスを買わなければいけません。

◇自動券売機で丹沢・大山フリーパスをさくっと買う方法

大山フリーパス買い方

改札前の券売機で順番に選択するだけです。

①「きっぷ」(フリーパスが表示)を選択

②「フリーパス」を選択

③「丹沢・大山」を選択

④AキップかBキップを選択

 

券売機のそばには、丹沢登山、大山参りを楽しむために必要な丹沢・大山フリーパスの便利な使い方が載ったエリアマップや、大山参道のおいしいお店が載っているパンフレットが置いています。

現地で一番重宝するパンフレットはこのパンフレットです。

◇丹沢・大山エリアマップ

丹沢・大山フリーパスパンフレットのサムネイル

<参考:相鉄

 

それでは、気を付けて安全な登山と、お参りを。

 

<スポンサードリンク>

 

(こちらもきっぷの投稿)

きっぷと切符の違いは?カタカナのキップもある!

【お得なきっぷ】新宿駅では箱根フリーパスはロマンスカー特急券と一緒に窓口で買いましょう!

【お得なきっぷ】筑波山きっぷ、あるキップ。どっちを買うかは朝の秋葉原駅での体調で決めよう!

【お得なきっぷ】新宿駅から高尾山へはJR中央線よりも京王線。紅葉時期の快適な登山コース教えます!

 - きっぷ, 小田急電鉄, 路線, 鉄道会社 , ,