観光地だけじゃない!顔ハメ看板、顔出し看板は鉄道・電車でも大人気!

   

顔ハメ看板東京駅

見つけた!顔ハメ看板!

観光地でよく見かけるアレです。顔出し看板、顔ハメパネルとも言います。鉄道にハマるずっと前からある趣味のひとつに「顔ハメ看板」の収集です。

上京してから写真を集め始めましたが数年で100種類をあっさり超えました。顔ハメ看板は観光地に設置されているイメージが大きいですがイベント会場でもよく見かけます。ビールの祭典オクトーバーフェストにはビールグラスの顔ハメ看板がお店の前に置かれていたり、ビッグサイトで開催された展示会では雑誌「主婦の友」の顔ハメ看板もブースの前で発見しました。こんなところにも?と思ったのは、富士山御殿場ルートの山小屋の前にボール紙で作られた看板がありました。任天堂3DSとびだせどうぶつの森のゲーム画面上でも発見しました。

顔ハメ看板はとくにここ1、2年においてあちこちで見かけるようになりました。インスタ映えがして、企業のPR効果も高いため、明らかにお金をかけて作られた豪華な看板も見かけるようになりました。

<スポンサードリンク>

 

観光地、イベントごとには鉄道は切っても切り離せない関係があります。私の顔ハメ看板コレクションの中でも鉄道関連の看板は数多い分類になります。鉄道関連の看板にはいくつかのタイプがあります。全体的にみて、駅にある看板は「顔ハメ」というよりも「顔出し」のタイプが多いです。

駅員の顔ハメタイプ、電車の先頭車両の顔出しタイプなど、コレクションの一部を紹介します。

 

1.駅員の顔ハメタイプ

<野田市駅>

東武鉄道の駅員になって写真が撮れます。襟元と手首入った赤いラインとネクタイの星がかわいい。帽子と制服が分離しています。改札前に設置されています。

顔ハメ看板野田駅

 

<東京駅>

東京駅の駅長になって丸の内駅舎と新幹線はやぶさ、こまち、かがやき、そしてドームくんと写真が撮れます。平日は通勤者が見向きもしないで素通りされる看板ですが、土日になると観光客が並びます。JR丸の内南口改札から中央口までの通路に設置されています。

顔ハメ看板東京駅

 

<チャオパニック>

ソドー鉄道の駅員になってトーマスと写真が撮れます。ここは蒲田駅のグランデュオ蒲田内のチャオパニックのお店の前。前回投稿しました女の子でも着られるトーマスのTシャツを販売しています。期間限定で設置されている看板です。

(前回の投稿) 見つけた!女の子も着られるトーマスTシャツ

顔ハメ看板トーマス

 

2.先頭車両タイプ

<大塚駅>

大塚駅名が入った山手線先頭車両の看板です。山手線の看板はこれまで駒込駅、大塚駅、恵比寿駅で見かけました。おそらく山手線各駅にあると思われますが、常時設置している駅はあまりありません。大塚駅では駅前で開催されるイベントの時しか目に触れる機会はありません。大塚商人祭りの日は制服を着て電車の運転士になりきって写真が撮れます。

顔ハメ看板大塚駅

 

<上野動物園 東園駅>

日本で最初に開業したモノレール、上野動物園モノレールの看板です。東園駅前に設置されています。土日は並びますが、みんなにこにこ笑顔で写真を撮っています。

顔ハメ看板上野動物園モノレール東園駅

 

3.運転士と先頭車両タイプ

<天王寺駅>

大阪市営地下鉄谷町線の運転士になれます。この看板は谷町線天王寺駅の駅長室前に設置されています。あべのハルカス、通天閣、天王寺動物園、四天王寺、パンジーと天王寺色満載でどっぷりと大阪に浸かれます。

顔ハメ看板天王寺駅

 

<池袋サンシャインシティ サンリオ>

ぐでたまとニセたまと一緒に写真が撮れます。だるーい感じで写真をとりましょう。池袋のサンシャインシティ内のサンリオのお店の前に設置されています。このぐでたまの看板は期間限定でした。

顔ハメ看板ぐでたま

 

4.乗客タイプ

<御岳山駅>

ケーブルカーの乗客になって写真が撮れます。東京にはなんでもあります。山もあります。ここは御岳山。御岳登山鉄道、すなわち御岳山のケーブルカーの看板で、乗り場を降りた前の広場に設置されています。ケーブルカー、ロープウェイ乗り場前には高確率で顔ハメ看板があり、長い待ち時間の合間の楽しみです。前後の人には少し列を離れることを伝えるのをお忘れなく。神奈川県の大山観光電鉄大山ケーブルカー乗り場、静岡県の静岡鉄道日本平ロープウェイ乗り場にも看板が設置されています。

顔ハメ看板御岳山ケーブルカー

 

5.変わり種

<山手線 車内広告>

変わり種のパターンです。山手線のドアに貼られていた三菱地所の車内広告です。顔をハメて写真は撮れません。このタイプは数あるコレクションの中でもこれだけです。

顔ハメ看板車内広告

 

鉄道関連の顔ハメ看板の写真はまだまだあります。集めるのが趣味で数だけが増え使い道がない写真でしたが、まさかこんな形で紹介できるとは思ってもみませんでした。顔ハメ看板収集家冥利に尽きます。たまには写真を整理してみるもんですね。さらに収集クセの火が付きました。看板業者に頼んで自前の看板を作ってもらうことも考えてみようかな?

 

じゃまになることは間違いないですが。

 

 

 - 鉄道ファン, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,